【国別仮想通貨取引所】次に金融庁の餌食になるのは?

投稿日:2018年6月5日 更新日:

自分が使っている海外の取引所ってどこの国の取引所なの?と疑問を持たずに使っている人も多いかと思います。しかし、今後は重要になってきますので確認しましょう!拠点にしている地域次第で金融庁のターゲットになるかもしれません!

国別仮想通貨取引所あの取引所ってどこの国の?

それでは早速、皆さんがお使いのあの取引所がどこの国のものなのかを確認しましょう!特に欧米の有名どころの仮想通貨取引所は注意が必要です!

北国宗太郎
なんで欧米?
それは後で説明するね。ひとまずは国別の取引所一覧をチェックだ
牛さん

 

日本の仮想通貨取引所

 

関東財務局長
株式会社マネーパートナーズ
QUOINE株式会社
株式会社bitFlyer
ビットバンク株式会社
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
GMOコイン株式会社
・ビットトレード株式会社
・BTCボックス株式会社
・株式会社ビットポイントジャパン
株式会社DMM Bitcoin
・株式会社ビットアルゴ取引所東京
・Bitgate株式会社
・株式会社BITOCEAN

近畿財務局長
・株式会社フィスコ仮想通貨取引所
テックビューロ株式会社(Zaif)
・株式会社Xtheta

若干取引所じゃないサービスを展開している会社がありますが、致し方なし。

個人的な感覚で有名どころは太字超有名はマーカーで表現しました。

 

アメリカの有名仮想通貨取引所

CoinBase (コインベース)
Poloniex (ポロニエクス)
BITTREX (ビットレックス)
BITFINEX (ビットフィネックス)
・Kraken (クラーケン)
・Gemini (ジェミニ)

まだまだたくさんあるけれど、こんなところでしょうか。

上三つはそれなりに大きいので有名です。あとCoinBase(コインベース)は上場基準が高く、主要通貨もほとんど扱っていない事でも超有名ですね!

 

ヨーロッパの有名仮想通貨取引所

HitBTC (ヒットビーティーシー)(イギリス)
Bitstamp (ビットスタンプ)(イギリス)
・Liqui (リクイ)(ウクライナ)

ヨーロッパって意外と有名な取引所ってないんですよね・・

 

韓国の有名仮想通貨取引所

bithumb (ビッサム)
UPBit (アップビット)
・Coinone (コインワン)
・KORBIT (コービット)

リップル(XRP)の取引高世界一のbithumb(ビッサム)に、カカオグループが率いるUPbit(アップビット)は日本でも有名ですね。

 

中国・香港の有名仮想通貨取引所

Binace (バイナンス) (現 マルタ)
Kucoin (クーコイン)
OKEx (オーケーイーエックス)
Huobi (フオビ)
Bit-Z (ビットジー)
gate.io (ゲート)

やっぱり圧倒的存在感があるのは中国・香港系の仮想通貨取引所です。

有名なところを並べましたが、やっぱりすごいですね!(率直な感想)

元々3大取引所の一つのHuobiが最近は力を取り戻しつつありますしね。

スポンサーリンク

欧米地域の仮想通貨取引所は次の金融庁のターゲットになる

 

北国宗太郎
あ。もしかして本題に入ったの?
うん。最近HitBTC(イギリス)の取引所が日本人の取引を停止したニュースがあったよね?
牛さん

 

このブログでは、3月にバイナンスが金融庁から警告を受けた際に、次に警告を出されるのはHuobiだろう言っていました。予想は外れましたが、何だかんだバイナンスが布石になったという予想はその通りだったかと思います。

今回、国別の仮想通貨取引所を並べたのは金融庁のターゲットになりやすい取引所があるという事をお話するためです。

それは、ずばり欧米に拠点を構えている仮想通貨取引所です。その中でもアメリカの取引所は危ないです。※欧米=アメリカ・ヨーロッパを指します

理由は、日本の改正資金決済法です。この法律では、日本国内で仮想通貨交換業を行う時は認可を得ていなければならないという決まりになっています。もちろん海外の仮想通貨取引所が認可を貰っているはずもなく、海外取引所は一発アウトなわけです。

さて、日本の法律なので海外の取引上が守るのかという話ですが、事はそう単純ではありません。

ポイント

主要国では仮想通貨取引所の登録制や認可性を取る国が多くなってきており、登録が完了していない業者を排除する流れは世界的なものになりつつあります。

既にアメリカでは、アメリカ在住のアメリカ人がICOに参加できないとか、日本と同じ流れが広まりつつあります。アメリカ様がそんな様子じゃ、日本だって例外ではありません。

日本の金融庁とアメリカの規制当局が提携なり情報共有なりして、国外へのサービス提供をやめるよう互いに圧力を掛け合うなんて話が出てくる頃合い?と思っています。

 

北国宗太郎
えー。じゃあ海外の取引所が使えなくなるのか・・
そうだね。でも心配はいらないよ
牛さん

 

世界的に同じ流れが続くはずだとは思いますが、一方で中国系の仮想通貨取引所は、金融庁の圧には屈さないでしょう (バイナンスのように)。むしろ中国当局の動きが心配ですが(笑)

日本や欧米のこうした動きは、中国系の仮想通貨取引所への移動を促すでしょう。しかし、中国系の仮想通貨取引所は中国当局の影響を受けすぎるので、投資家は次の取引母体を探すはずです。

言うまでもありません。

分散型取引所の台頭です。2018年下旬~2019年、分散型仮想通貨取引所が本格的に人気が出てきそうです。今のうちに使い慣れておいたほうがいいかもしれませんね・・。ちなみにバイナンスが規制された時の投稿はこちら!

なぜ金融庁がバイナンスを名指し警告したか

「無登録で仮想通貨交換業を行う者について、事務ガイドライン第三分冊:金融会社関係16・仮想通貨交換業者関係Ⅲ-1-4(2 ...

続きを見る

というわけで今日は以上!
それでは!

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-仮想通貨の雑談, 仮想通貨投資, 投資戦略

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.