【2015年~2016年 仮想通貨】ビットコイン暗黒期と第2世代の台頭!

投稿日:

これまで2009年~2014年までのビットコインの歴史をまとめてきましたが、これまでは何だかんだ急成長を見せてきたビットコイン(BTC)ですが、史上初めて停滞&下落トレンドだったのが2015年頃です。

この頃のビットコインは「暗黒期」と揶揄されるほど、世間からの注目が薄くなり、終わった感が漂っていました。そんな2015年からのビットコインをはじめとする仮想通貨市場について早速見ていきましょう!

これまでのビットコインの歴史はこちら!

【2009~2010年 ビットコイン】誕生からラスローのピザ伝説まで!

今日は文化の日!こんにちは! 2009年にビットコインが誕生してから、その普及の勢いは衰えるどころか、一気に加速していき ...

続きを見る

【2011年 ビットコイン】「史上初のバブルと崩壊」何が起きたか

こんばんわ!2010年前回に引き続き、2011年のビットコインの動向です。ちょうど現在もバブリーな相場になっていますので ...

続きを見る

【2013年~2014年 ビットコイン】2度目のバブルと崩壊

このブログ仮想通貨の歴史を取り上げるといいつつチャートの話を中心にしていたので、過去の相場を振り返ろうかなと思います。今 ...

続きを見る

2015年 ビットコイン「暗黒期」の到来

ここで2015年のビットコインを「暗黒期」と称しているのは、2013年12月にバブルが弾けてからの底だからです。

約1年近くも底値で這いずり回りました・・。

 

ちなみに2013年終盤から2017年前半までのチャートはこうなっています。

こうやってみると、2015年にビットコイン(BTC)が停滞していたという事がよくわかるかと思います。

また、2015年以降はビットコイン(BTC)以外の通貨も存在感を強めるため、そのあたりも少し紹介していきます。

スポンサーリンク

【2015年1月4日】英国 Bitstampがハッキング被害

マウントゴックスの次に大きい取引所であった「Bitstamp」がハッキング被害にあいます。

2015年早々に仮想通貨業界にとっては、悪いニュースです。

その影響もあってかビットコイン価格は急落します。

 

【2015年3月31日】ネム(NEM/XEM) リリース

2014年に発表があったネム(NEM/XEM)ですが、2015年3月31日に初リリースされます。

ネムのブロックが初めて生成されたのが3月29日なので、厳密な誕生は3月29日になります。

名前には「New Economy Movement (新たな経済運動)」という意味が込められており、

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)とは違った承認アルゴリズム(POI (プルーフオブインポータンス) )を採用したことで話題になりました。

 

【2015年7月30日】イーサリアム最初のβ版がリリース

2014年にICOを実施して2014年7月に登場していたイーサリアム(ETH)でしたが、この日に初のアップデートである「フロンティア」が実施されます。

こうしてイーサリアム(ETH)の正式なベータ版がリリースされ、仮想通貨2.0が浸透していきます

リリース時期をどう捉えるのかはばらつきがありますが、ビットフライヤーやウィキペディア上では、7月30日にリリースしたと表現しているので、2015年のベータ版をもって正式なリリースとします。

 

【2015年8月1日】マウントゴックス経営者 逮捕へ

 

なんと、ハッキング被害にあっていたマウントゴックス(Mt.GOX)の元CEOが逮捕されるという事態が発生。

このニュースを見た人は「・・?」という反応だったでしょうか。ハッキング被害にあったのに逮捕されたのは「こいつが真犯人か・・!」というあらぬ誤解が広がります。

この時の逮捕理由は「自身のビットコインの口座残高を不正に水増しした疑い」です。

 

じつは、ハッキング被害には関係ないところで悪さを働かせたいたのがバレて逮捕されました。

逮捕後も、ハッキング被害については終始無罪を主張しており、逮捕された件とハッキング被害は関係がありません。

ハッキングをした真犯人は別にいたんですが、この逮捕のせいで話がゴチャゴチャしてしまって、仮想通貨(ビットコイン)のイメージが悪くなったのは間違いありません。

スポンサーリンク

2016年 ビットコイン(BTC)は沈黙、その一方で

2016年はビットコイン(BTC)ではなく、イーサリアム(ETH)に関連する話題が多かったのが特徴です。

ついにビットコイン(BTC)以外の仮想通貨(アルトコイン)のニュースが増えてきて、ビットコイン(BTC)一強だった市場がにぎやかになりつつあります。

 

【2016年3月1日】DMM.comでビットコイン決済開始

名前を聞いたことがある人も多いかと思います (仮想通貨やFX系をしている人なら必ず知っているでしょう)。

ネット通販・ゲーム・アダルト・FX などのサービスで有名なDMM.com が仮想通貨(ビットコイン)決済を開始しました

日本国内の大手企業でビットコイン(BTC)決済を導入したのは初となり、話題を集めました。

 

【2016年6月17日】ダオ事件が発生

2016年5月にICOを実施ていたのが「ダオ」です。

約150億円の資金を集めた「ダオ」は当時の史上最高額を記録

「ダオ」はイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用して「自律分散型の投資ファンド」を作ることを目標にしていました。

 

その「ダオ」がバグを突かれてハッキング被害にあいます。

なんと 364万1694 ETH (当時の金額で約50億円以上)が盗まれました。この影響で当時「ダオ」を扱っていたコインチェック(Coincheck)では上場廃止に。

「The DAO事件」から見る「ネム(NEM)不正流出事件」

皆さんはThe DAO Attack(事件)をご存知ですか?知ってるよ!って人も多いかと思います。今回はダオ(The D ...

続きを見る

 

【2016年7月20日】イーサリアムがハードフォークを実施

 

「ダオ事件」をなかった事にするために、イーサリアム(ETH)がハードフォークを実施します。

無事ハードフォークが成功して、ダオ事件はなかったことに・・。

しかし「そんなことをしていいのか!」と反発した人たちがいました。その結果、ハッキング被害があったブロックチェーン上にイーサリアムクラシックが誕生します。

 

2016年に仮想通貨界隈で起きた出来事の中では最大級の事案でした。

 

【2016年8月2日】Bitfinex がハッキング被害

当時、香港では最大級の仮想通貨取引所 Bitfinex がハッキング被害にあいます。

昨年の英国 Bitstampがハッキング被害にあったのと同様に、市場は下落しました。

2015年~2016年になると、大手の仮想通貨取引所がハッキング被害にあうケースが増えていきます。

スポンサーリンク

2015年~2016年 ビットコインのまとめ!

ポイント

【2015年1月4日】英国 Bitstampがハッキング被害

(2015年3月31日)ネム(NEM/XEM) リリース

(2015年7月30日)イーサリアム最初のβ版がリリース

【2015年8月1日】マウントゴックス経営者 逮捕へ

【2016年3月1日】DMM.comでビットコイン決済開始

(2016年6月17日)ダオ事件が発生

(2016年7月20日)イーサリアムがハードフォークを実施

【2016年8月2日】Bitfinex がハッキング被害

以上が2015年~2016年のビットコイン(一部アルトコイン)でした!

 

2015年は、底値圏で停滞したビットコイン(BTC)は、世間的なイメージは悪くなる一方でした。

2016年頃は、価格が戻りつつあり、2017年から始まる仮想通貨バブルに向けた沈黙の時期でした。

また2015年以降からは、アルトコインの話題も増え続けており、仮想通貨2.0と呼ばれる通貨が増えてくるのが特徴です!

 

【2009~2010年 ビットコイン】誕生からラスローのピザ伝説まで!

今日は文化の日!こんにちは! 2009年にビットコインが誕生してから、その普及の勢いは衰えるどころか、一気に加速していき ...

続きを見る

【2011年 ビットコイン】「史上初のバブルと崩壊」何が起きたか

こんばんわ!2010年前回に引き続き、2011年のビットコインの動向です。ちょうど現在もバブリーな相場になっていますので ...

続きを見る

【2013年~2014年 ビットコイン】2度目のバブルと崩壊

このブログ仮想通貨の歴史を取り上げるといいつつチャートの話を中心にしていたので、過去の相場を振り返ろうかなと思います。今 ...

続きを見る

 

というわけで今日は以上!
それでは!

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-ビットコイン, 仮想通貨のはじまり

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.