【2019年6月22日】BTC100万円の乱気流到来

投稿日:2019年6月22日 更新日:

乱れる天空の風が、地上へ吹きあれる。

気圧の変化は、不気味な天候を作り出す。

乱気流の狭間から抜け出して、青空を羽ばたくことが出来るのか。

BTC100万円台定着なるのか?

 

この大空に~翼を広げ~

さて、BTCがいつの間にか?100万円台をキープしております。

前回の予想だとレンジ相場になると言っていましたが、やっぱり微妙に相場に力強さが戻っています。

 

先々週の予想

 

 

① 100万円はとりあえず、壁

急騰して、なんだかんだ100万円を目指す展開になっていました。

しかし、その勢いが100万円に跳ね返されているのが現状です。

ここから、100万円が節目、節目の中の節目として働いているかと思います。

 

まあ、これは正しい見方でした。

しかし・・・・・。

今すぐに落ちる感じもしませんが、将来的に100万円を再度目指すのは本格的に夏に突入してから以降になると考えています。

 

残念ーーーーーー!!

 

105万円ですううう!

というわけで言い訳から入りましょう。

日本円で100万円って見てましたけど、ドルベースでみましょう!。

 

9760ドル

つまり、1万ドルまで他州の余力があります

240ドル×108円=2万5,920円

 

つまり、105万円+2万5,920円=108万円前後くらい

多少緩く見て、110万円前後くらいは普通に動きます

どうでしょうか・・・・

 

はい。というわけでですね、普通にチャートを見ていきます。

 

横から斜め上、横から斜め上

マクロでみるとそんな規則的な展開を繰り返しています。

なので、ドルベースで1万ドル=110万円は、視野に入れていいかと思います

そこくらいまでは、斜め上の勢いが続いても驚きません。

 

アメリカのFRBの利下げ、中東の石油問題を抱えて、世界的にお金の行き場が集中しています。

そんな中でFacebookが仮想通貨リベラを使って事業をするという話もあり、仮想通貨もとい、暗号資産系の分野が再度、注目されています。

何だかんだ、この業界って投機に目が行きますが、十分な成長性がある分野でしょう。

 

世界経済の王たるアメリカ企業がついに本腰を入れ始めたので、意外と面白い時期なのかもしれませ。

 

週足で見ると

 

2017年のころと同じような匂いを感じる勢いがあります。

正直、もう少し調整を入れつつゆっくりと上がってほしいのですが、これも株式とは違って面白いところなのかも。

人間の欲望が丸出しのチャートと言うか、ね?

とりあえず、市場全体としては上の圧力傾向が強まっているので、上昇機運なのは間違いないでしょう。

 

ダウとチャートが似てきた

 

今2万6000ドルくらいなんですが、米中貿易戦争が激しい中で、なかなかの力強さがあります。

まるで今の仮想通貨みたいです。

 

こうしてみると、ダウは順調に成長しているのに、日経は、いまだに2万1000円台です。

ポイント

年金の話で、世間はにぎわっていますが、こうした状況になると、必ず将来に不安を覚えて、投資関係の話に興味を持つ人が沢山出てきます。

仮想通貨の今のチャートをみたら、なんかもっと上がりそうとか思って、たくさんの人がまた手を出しそうですね。(意味深)

 

話はそれましたが、今は株式市場も仮想通貨も、アメリカがキーになっていると言っていいでしょう。

とくにビットコインは、ドルベースで価格を追う方が良いかもしれませんね。

 

ドルベース分析

というわけで、ドルでチャートを見てみましょう。

 

1万ドルまで少し。

多分1ドルにタッチするでしょう

日本円なら110万円なので、今週~来週にかけて、その水準で推移する期間が出てくると思います。

そこで突き抜けるかは分からないのですが、月足で見ると、少々勢いに陰りが見れます。

 

6月の月足ですが、下髭が出ています。

2月~5月の間は月足レベルで下髭が出ていないのが分かります。

しかし、月足レベルで下髭が出てきたのは6月が初めてです。

つまり、直近は110万円は固いかもしれないけど、やっぱり先々週言った通りのレンジ相場への突入、一時的な調整が入る頃合いなのかな?って思っています。

 

 

いちおうドルベースで言っておくと、

 

赤線が25日の移動平均線です。

ドルベースで、この赤線がある程度意識されると考えると、調整が入っても、

とりあえず、8万5000ドル~8万6000ドル程度くらいが下限かな・・?日本円だと90万円くらいです。

 

ポイント

というわけで、目先は110万円程度まで上を見ておきます。

その後に調整が入っても、とりあえずは90万円程度が下限かな~?

ってことで、どうでしょうか( `ー´)ノ

 

余談

中国で「千と千尋の神隠し」が公開するみたいです。

ヤフーのニュースで見たんですが、ポスターが凄く綺麗でした(;´∀`)

(水に浸った線路の上を千尋が歩いていて、その中にハクとカオナシが映っている感じのやつ。ジブリの著作権が怖いので張りませんが、検索すれば普通に出てきます。)

主題歌の「いつも何度でも」を今聞くと、昔とは違った感じがしてしみじみします。

 

繰り返すあやまちの そのたび 人は ただ青い空の 青さを知る。

果てしなく 道は続いて 見えるけれど この両手は 光を抱ける。

閉じていく思い出のその中に、いつも忘れたくないささやきを聞く。

はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ。

 

もうですね、哲学ですよね。もともとは「東京大空襲」の後の焼け残った煙突の上からから眺めた東京をイメージした曲だそうです。(ソースはYoutubeのコメント欄)

日本人の心に調和して、きれいな波紋が広がっていく言葉の1つ1つに、感動です。

というわけで、梅雨どきを乗りきりましょう~!

 

こっちのバージョンも凄い・・

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

  「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。   「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック、楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。 2020年以降の日本について考えなければいけません。 というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、仮に東京オリンピックくらいでセミリタイアをしても、その後の生活はどうしても日本経済の影響を受 ...

続きを読む

-チャート

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2019 All Rights Reserved.