【ドルコスト平均法の安心神話】仮想通貨投資の初心者が勘違いする理由

投稿日:2018年4月4日 更新日:

皆さんは、「ドルコスト平均法」ってご存知ですか?仮想通貨投資をしている人は良く耳に入る言葉かと思います。何故か「仮想通貨投資では、ドルコスト平均法を進める人が多い」です。

ドルコスト平均法が万能の投資方法かのようなニュアンスが持たれ始めている感があるので、その神話にくぎを刺しておきます。

ドルコスト平均法と仮想通貨投資

まずは「ドルコスト平均法」ってどんな投資方法なのか!というところを抑ええておきましょう!

「ドルコスト平均法」~ 常に一定の金額で、定期的に、投資商品(仮想通貨)を購入していく方法 (自動積立などの事)。月に1回、1万円分を購入していく感じです。

 

ドルコスト平均法が有効なのは一定の相場でのみ

注意ポイント

そもそも「ドルコスト平均法」は、今後必ず株価(価格)が上昇するという前提に立っている事を忘れてはいけません。

※私は仮想通貨市場が今後も成長していくと考えていますので、この点はとりあえず置いておきます。ただし、この前提があるという事は忘れないでくださいね!

それでは「ドルコスト平均法」がどんな相場で効果を発揮するのかは、上の前提を考えれば自ずと分かるかと思います。

将来上がる相場!

でわ「ドルコスト平均法」が将来上がる相場で一番いい投資方法なのかと言えば、答えは「NO」です。

私が何を言いたいのかというと「ドルコスト平均法は将来上がるだろう相場では有効。しかし、だからと言って将来上がる相場でこの投資方法が一番いい投資方法ではない」という事です。

具体例を見ていきましょう!
「将来相場が上がる」といった場合、考えられるパターンとして2つあります。

①投資を始めた当初から上げ続ける
②一度下落して将来上がる

①②で100万円を「ドルコスト平均法」と「一括購入」のどちらが儲かるかを比較していきましょう。

①の場合、投資を始めた時に「一括で100万円分を購入したほうが儲かります」。何故なら「ドルコスト平均法」で購入すると、次第に取得価格が上がっていくため、同じ100万円を投資すると一括で購入したほうが購入単価が安いです。

②の場合、投資を始めて底値を迎えた時に「一括で100万円分を購入したほうが儲かります」。下落局面で買い続ける事で取得価格を下げてはいますが、下がりきった時に一括で買ったほうが大量に購入できるので一括投資の方が有効です。

という感じで「相場が読めるならば、ドルコスト平均法で買う事で利益が減ることが分かる」と思います。

まとめ

ドルコスト平均法は将来必ず上がる相場では有効ではあるものの、タイミング次第で一括投資の方が利益が出るのでベストな投資方法というわけではない。また、弱点として上にも下にも一本調子の相場に弱い。上がり続ける相場では最初に一括投資した方が有効だし、下がり続けるなら下がりきるまで買わない方がいいのは当然です。

 

何故ドルコスト平均法がやたらと推奨されるのか?

まずは、株式市場で「ドルコスト平均法」が推奨される理由からお話ししましょう。理由は簡単です。

「ドルコスト平均法では購入のつど手数料が発生するので、保険会社・証券会社・金融機関が儲かるため」

これ以上でもこれ以下でもありません。要は儲かっている人がいるという事実です。それでは、これを仮想通貨投資にも当てはめてみましょう!

仮想通貨投資でドルコスト平均法を推奨しているサイトでは、必ず「ザイフ」「ビットフライヤー」などの大手取引所が紹介されています。ドルコスト平均法で積み立て投資の有効性を説いて、積み立て投資を勧めて、アフィリエイト報酬を獲得しようとみんなが奮闘しているのです。

仮想通貨投資では投資初心者多く、知識がない事をいいことに「ドルコスト平均法が安全安心ですよ」的な話から契約させようとしているんだと思います。「ドルコスト平均法が安全安心」という言葉も間違っていますのでここで付け加えておきます。

 

「ドルコスト平均法」はリスク軽減になっていない

「ドルコスト平均法は安全である」といった話があるのですが、ドルコスト平均法自体は、投資のリスクを軽減させるものではありません。

この話をすると「ドルコスト平均法は時間を分散させている」という話が出てくるのですが、時間を分散させることでリスクを軽減させているのかと言われれば、答えは「NO」です。

チャートや相場の分析を全くせずに、今一括で買う場合とドルコスト平均法で分割で購入する場合のどちらがいいのかなんて、現時点で予測不可能。結果的に一括で買った方が得をしている事もあるし、ドルコスト平均法で購入した方が得をしている場合もあります。つまり、その投資のリスクについてはほぼ同じです。

 

ポイント

分散することがリスクの軽減に繋がるのは、もっと明確なケース。例えば、仮想通貨を1つの取引所に置く場合と、分散して3つの取引所に分けて置いておく場合では後者の方がリスクが軽減されます。この場合の「リスク」というのは、取引所が破産したりハッキング被害にあって「資産が失われるリスク」です。(そもそも取引所に置いておかずウォレットなりで保管してほしいですが・・)。この場合は、同時に三つの取引所が破産したりハッキング被害に合う可能性が低くなるため、資産が消失するというリスクが軽減されます。

では「ドルコスト平均法」で投資時間を分散することでどんなリスクが軽減されますか・・・?同じ株式(仮想通貨)に投資する以上、倒産(仮想通貨ならプロジェクトが頓挫する)リスクは同じです。

高値掴みをするリスクが減ると考えたりした人はいませんか?「高値掴み」するリスクは一括で買おうと、ドルコスト平均法で購入しても同じです。ずーっと右肩上がりに相場が上昇した場合、ドルコスト平均法の方が高値掴みになります。結局「高値掴みになる」というリスクは、ドルコスト平均法では軽減されません。

 

逆にドルコスト平均法を使うべき人は?

「ドルコスト平均法」を使って、仮想通貨の自動積立をしようか迷っています。

そんな人は、次の条件に当てはまっていれば「ドルコスト平均法」が有益になります!

「ドルコスト平均法」が向ている人

① 毎日相場をチェックできない!
② 一括で購入するほど資金が無い!
③ 長期(数年)くらいで投資してみたい!

①からですが、毎日相場とか見れないし、よくわかんない!という人はドルコスト平均法がいいと思います。一括で購入するというのは、ある程度相場観を養ってきた人がした方が有益に働く場合が多いです。なので相場わかんないって人は「ドルコスト平均法」で積み立てましょう!

私のブログ毎週チャートがどうとか、仮想通貨のニュースがどうとかやっているんですが、はっきり言って人生は有限です。相場なんて見ている暇があれば他の有意義な時間の使い方をした方がいいと思います(笑)

②はそのままです!毎月の収入のうち5000円とか1万円くらいとかを積み立ててみましょう!

 

注意ポイント

③ですが、ドルコスト平均法が効果を発揮するには、将来の価格上昇が必須です。そして仮想通貨はまだまだ成長市場なので価格上昇が見込めるかと思います。しかし、1年や2年で見た場合、ずっと下落局面が続くなんてことも十分にあり得ます。その点を考慮すると数年くらいは余裕を見て積み立て投資をするくらいではないと、ドルコスト平均法の力が発揮されませんので注意が必要です。




最後にまとめ!

「リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです」

「ドルコスト平均法は安全安心」だなんて妄信的に信じていると失敗するケースもあります。まずは「ドルコスト平均法」が効果を発揮する場合としない場合。メリットとデメリットを勉強してから、「ドルコスト平均法」を利用して積み立て投資をするのかを考えましょう!

 

ポイント

この前の日経平均の暴落(1000円くらい急落したやつ)で積立投資をいきなり解約する人が増えたそうです。そうした人は、こうした勉強をしていないのだろうと思います。そんな事にはならないように!

もし、このブログの記事を読んで「あ、自分の生活スタイルを考えたらドルコスト平均法が良いな」と思った人は、積立投資をさっそくやってみましょう!さんざんマイナス面を書いたので、それでも自分に向いていると思ったのなら間違いありません!積立投資をするなら「Zaif」で!まずは無料口座開設からどうぞ!↓↓

口座開設を開設すると積立投資が出来ます

無料の口座開設はこちらから

仮想通貨でドルコスト平均法を使った積立投資をする時には、仮想通貨を取引所に置きっぱなしにしないように、ウォレットなりに定期的に移してください!それだけは本当に注意が必要です!

私は「ドルコスト平均法」がだめな投資方法だなんて思っていません!ただ、何事にもメリットデメリットがあるというのは忘れないで欲しいなと思います!

というわけで今日は以上!
それでは!

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-投資戦略, 長期保有

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.