バフェットが仮想通貨に賛成できない理由

投稿日:2018年5月6日 更新日:

投資界のレジェンド・ウォーレンバフェットですが、彼は「仮想通貨は投資の対象ではない」というスタンスを取り続けています。その理由を紐解いていきます。

バフェットが仮想通貨投資を否定する理由

伝説の投資家「ウォーレンバフェット」

彼は投資家ならだれでも知っているレベルで有名人です。そんなバフェットさんですが、一貫して「仮想通貨は投資対象ではない」と言っています。その理由を彼の投資手法と投資理念に照らし合わせて考えてみたいと思います。

 

仮想通貨がバフェットの投資方法には合わない

それでは具体的に、バフェットの投資方法の特徴を見ていき、その投資方法が仮想通貨には合わない原因を見ていきます。ちなみにバフェットは「仮想通貨は投機でギャンブル」といったような批判的な見方をしています。

 

財務諸表が存在しない仮想通貨

バフェットの投資方法は「バリュー投資」と言われます。

バリュー投資は、株価が割安のものを買って価格の上昇を期待する投資手法です。株価が割安かなのかは財務諸表から企業の財務状況を分析して判断します。

この投資手法がバフェットを世界一の投資家へと導いた要因の一つでしょう。しかし、仮想通貨にはこの投資手法がそのまま適用できないのです。仮想通貨には財務諸表が存在しないため、どれ位価格が割安なのかを客観的に判断できないわけです。

 

仮想通貨には適正価格が存在しない

仮想通貨投資をしている人ならば分かるかと思いますが「仮想通貨に適正価格は存在しません」。存在しないというと語弊がありますが、適正価格が分からないのです。

ポイント

「財務諸表が存在しない」ならば仮想通貨が割安なのかを判断できれば、バリュー投資っぽいことが出来ます。しかし、財務諸表が存在しないだけではなく「適正価格も不明」と来ています。これでは、一般に言うバリュー投資が出来ません。つまり、バフェットが得意とする投資手法が使えないどころか、売買判断ができる材料がない仮想通貨への投資はありえません。

 

業績や成長性が分からない仮想通貨

仮想通貨には「財務諸表が存在しない」「適正価格は存在しない」と言ってきましたが、仮想通貨はそもそも利益を生み出しているものなのでしょうか?

 

はてな

株式の場合は、企業の業績や成長性が株価に反映されていきます。仮想通貨の場合は価格を決定する理由は何でしょうか?利益生み出していないのに価格が何で上がっているんでしょうか?

仮想通貨の場合、実用化に伴って需要が伸びる以外に価格が上がる理由を説明できません。自ら価値を生み出していないのに、価格が付いている時点で本来ならば投資の対象にはならないのです。

 

はてな

それでは成長性はどうでしょうか?仮想通貨は将来性があって普及するといいます。では仮想通貨が成長しているというのは何をもって判断できるのでしょうか?

これがまた困ったものなのですが、仮想通貨投資(投機)をしている人は「仮想通貨が将来的に普及する可能性」「開発が進んでいる」となんとなく分かったりするんですが、客観的な数字としてそれが分かるような資料がないのです。

財務諸表が存在しない以上、利益がどうとか、資本効率や開発費、そういった状況が全く不明です。

これでは株式投資のような手法が使えないのは言うまでもありません。

バフェットは資本利益率を結構気にします。理由は、手元にある資本でどれ位効率的に利益を生み出しているのかを判断できるからです。仮想通貨ではその判断もできません。

 

 

顧客のロイヤルティーが分からない

バフェットは「バリュー投資」で有名ではありますが、他のファンダメンタルズ的な要素を重視する場合もあります。

それが「顧客のロイヤルティー」です。

「顧客のロイヤルティー」というのは、その会社のその商品じゃないと買わない。というものです。例えば牛丼。吉〇屋じゃないと食わない。みたいなもの。この場合が、吉〇屋の牛丼は顧客のロイヤルティーが高いわけです。

財務情報から以外で、バフェットが重視するのが「顧客のロイヤルティーが高いか」です。ロイヤルティーが高い商品を持っている会社をバフェットは好みますが、仮想通貨でこれを判断するにはどうしたらいいでしょうか?

ポイント

あの仮想通貨じゃないといけないとか、一部で熱狂的な保有者がいますが、規模が小さすぎてハッキリとロイヤルティーが高いのかが分かりません。つまり、こうした面からも、バフェットが重視する要素で仮想通貨へ投資できるのかを判断できないのです。

 

バフェットが仮想通貨に投資しないのは当然

仮想通貨がバフェットの投資手法に合わないという事を説明してきました。当然バフェットは、自分の投資手法に従うので仮想通貨へ投資しないのは普通の結論です。

北国宗太郎
あのバフェットが投資しないなら仮想通貨は止めた方が良いかな?
それは違うよ。バフェットは元々ハイテク系の企業には投資しない傾向があるし。バフェット自身も仮想通貨に対して全てを理解しているわけではないんだ。
牛さん

スポンサーリンク

バフェットが仮想通貨に投資しないから危ないは間違い

バフェットが投資しないなら仮想通貨投資はやめておこうと考えるのは早計です。

そもそも、バフェットが完ぺきな投資家というわけではありませんし、彼自身もそれを認めています。

ポイント

バフェットは「仮想通貨は投機」と揶揄していますが、投機的なマネーが沢山流れているのは事実です。しかし、同時に仮想通貨が今後の社会に普及する可能性があり、市場規模が拡大する可能性も忘れてはいけません。自分が投資をする上で何を重要視しているかで仮想通貨へ投資するかしないかは変わってくるかと思います。自分なりの判断で仮想通貨投資をしてみてくださいね!

というわけで今日は以上!
それでは!

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-仮想通貨の雑談, 投資戦略

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.