ビットコイン相場と投資家心理の関係性

投稿日:

地震は大丈夫でしたか?私の曽祖母は阪神淡路大震災で亡くなったのでちょっと怖かったです。さて仮想通貨界隈は取引所トークンで盛り上がっていますが、私は19日から配当が貰えるOCXトークンとBKEXのエアドロップ分を仕込んで週末を楽しみにしています。さてビットコインチャートです。今回は「ビットコインチャートと投資家心理」について簡単にお話します!

ビットコイン相場と投資家の楽観度の関係性

こちらは「SentimenTrader」さんの情報をもとに記事を書いています!

投資家心理が弱気になった場合、ビットコインはその後にどのような推移を示したのか」という話をしています。現在は過去3年間で二番目に投資家が悲観的な状態になっています

 

投資家が弱気になってから1~2週間後の相場

「Win Rate」と書かれているのが上昇している確率です。「1 Week Later (%)」が「投資家が弱気になってから1週間後」のそれぞれの%です。

すると「1 Week Later」だと「Win Rate」が47%です。「2 Week Later」だと67%です。投資家が弱気になってから1週間~2週間程度だと反発して上昇する可能性がそれなりにある。と言えるのではないでしょうか?

 

そこから「1 Month Later」を見ると33%、「2 Months Later」だと36%です。つまり投資家が悲観的になってから1カ月~2カ月すると相場が崩れる確率が高まるという事が示されています。注目する点は「1 Month」の「Average Returns」が 0.4% となっており、悲観的になってから1カ月後はめっちゃ儲からない (価格が上昇していない) 状態になると言えます。

 

投資家が弱気になってから3カ月経つと相場は一転する?

さて投資家が悲観的になってから2カ月くらいまでは順当な動きを見せるビットコイン相場ですが、3カ月たつと状況が一転します。

「3 Months Later」だと86%で上昇、「6 Months Later」だと88%で上昇、「1Year Later」だと85%で上昇。

そう、投資家が弱気になってから3カ月するとビットコイン相場は反転し始める・・!?という分析が出ているのです。実際はどうなるのでしょうか?

 

今後のビットコイン相場へ当てはめると?

ザイフからビットコインチャートです。

赤丸で囲っている部分がTwitterで「投資家心理が弱気」に振れている期間です。2018年1月の弱気から3カ月後の4月は何気上げ相場だったので当たっている・・?

しかし!5月の「投資家心理の弱気」の状態からまだ1カ月です。となると6月~7月はあんまり上がらないかも・・・。夏~秋に期待!しばらくはビットコインも上がらない展開が続くかもしれません。私のチャート分析では60万円~65万円くらいは下げる可能性あり!と言っているので、目先の下落にはご注意ください<(_ _)>

下がってもアタフタせず、長期保有で参入した人はあまり気にせずに働きましょう!上がりそうな取引所トークンを探すのもいいかもしれませんね!

というわけで今日は以上!
それでは!

仮想通貨に疲れた人へ

解決方法すぐCHECK

-チャート, ビットコイン

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.