【Zaif(ザイフ)以外】今後ネム(NEM)が上場しそうな取引所はこれだ!

投稿日:2018年6月3日 更新日:

ネム(NEM)買いたいんだけどザイフ(Zaif)はどうも信用できないし不安 (コインチェックは高いし・・・)。という方もいらっしゃるかと思います。今回はザイフ(Zaif)以外でネム(NEM)が上場しそうな国内取引所をご紹介!

Zaif(ザイフ)以外でネム(NEM)が上場しそうな取引所は?

は~、ネム(NEM)に興味あって買いたいけど・・・ザイフ(Zaif)だと心配だし、コインチェック(Coincheck)じゃ手数料高い国内で良い取引所ってないの!と嘆いている人へ。

紹介とは言ったものの、残念ながら現在ザイフ(Zaif)とコインチェック(Coincheck)以外でネム(NEM)の現物を購入できる取引所はありません!

しかしネム(NEM)を扱う可能性が非常に高い取引所があるんです!近い将来にネム(NEM)が上場するだろう国内の大手の取引所が!

 

Quoinex(コインエクスチェンジ)

Quoinex(コインエクスチェンジ)は国内の大手仮想通貨取引所です。

当初は2018年1月中にリップル(XRP)・ネム(NEM)・ライトコイン(LTC)が Quoinex(コインエクスチェンジ)に上場する予定でした。

そうなんです!コインチェック(Coincheck)の事件がなければ恐らく既にネム(NEM)の現物を購入できる第三の国内取引所になっていたはずなんです。

公にネム(NEM)とかを取り扱う予定だと言及していたので、もちろんシステム的な準備をしていたでしょう。

金融庁の監査状況の強化でネム(NEM)を含めたアルトコインの上場が遅れています。しかし、いずれはネム(NEM)を取り扱う可能性があるというのは言うまでもありませんよね?

クリックするとホームページに飛ぶので、左下にある「口座開設無料はこちら」で登録を始めてください。

登録は無料です

 

ネム(NEM)が上場してから申請しても登録の遅延や、価格高騰が相まって何も得しないなんてオチになりかねませんしね。(もちろん金融庁の認可を貰っている業者です= 登録番号:関東財務局長第00002号)

 

ネム(NEM)の上場期待以外にもメリットがある

もちろん、ネム(NEM/XEM)が上場する以外にも様々なメリットがあります。サポートが充実していたり、ビットコインの現物取引は手数料が無料などなど!

上記で書いているように、顧客の仮想通貨をインターネットに接続しないで隔離して保管するコールドウォレットで保管しており、安全面では基準となるポイントはクリアしています。更に、ビットコインの取引に手数料がかからないのは大きな利点です。※ビットコイン以外はかかります。

更に、初心者には優しいアプリも登場して使い勝手も良くなりつつあります。

「QUOINEXライト版」とアプリをダウンロードできるところで検索すれば出てきます。

私もダウンロードしてみましたよ!

 

また、Quoinex(コインエクスチェンジ)では日本国内で初めて(世界初)、金融庁が認可したICOとして資金調達に成功した「QASH」を取り扱っています。「QASH」は「LIQUID by QUOINE」というプラットフォーム内で、将来的に使用できることになっている仮想通貨です。

将来的には「取引所ごとの仮想通貨価格の統一化」「クロスカレンシー換算エンジン(日本円/BTC といったペアを無限に広げ、瞬時に為替レートを計算してくれるシステム)」などの実現を目指す金融プラットフォーム内で機能する仮想通貨になっています。

 

どうでしょうか?Quoinex(コインエクスチェンジ)は、現在あまり注目されていないような仮想通貨取引所ですが、今後は成長する可能性もあり楽しみな取引所です。もしかすると行政機関が認めた初のICOで新たなプラットフォームが誕生していく様子を見届ける事が出来るかもしれません・・!

金融庁が認可したICO「QASH」も扱っています!

 

 

もう一つのねらい目は「Cointap (コインタップ) 」

もう一つのねらい目は、DMM.com グループの会社が運営する「cointap (コインタップ)」

「DMM Bitcoin」ではネム(NEM/XEM)などをレバレッジ取引できるので、同グループ会社が運営する「Cointap(コインタップ)」もネム(NEM/XEM)を取り扱うんじゃないのか?という話になっています。

現在はメールアドレスだけで登録が完了する事前登録受付中です。リリースの時期が延期になっており、今後に期待したいところです。

注意点ですが、「cointap(コインタップ)」は取引所ではなく販売所です。

取引所は「ユーザー同士が直接売買を行う」のに対して、販売所は「運営もとから仮想通貨を売買」します。したがって、販売所の方が手数料が高くなるのが普通となっており「Cointap(コインタップ)」もそのようになる可能性があります。

 

ネム(NEM/XEM) をザイフ(Zaif)を使わずに購入する方法のまとめ

現在ネム(NEM/XEM)を扱う国内取引所は皆無です。それを踏まえて話をすると、今後ネム(NEM)を扱うだろう仮想通貨取引所を事前に登録しておくのが良いかと思います。

ザイフ(Zaif)に何かあった場合、ネム(NEM)が暴落して買い増すチャンスを逃すかもしれませんので、どのみち今後ネム(NEM)を扱う可能性のある取引所には口座開設しておいた方が良いです。

 

というか、ザイフ(Zaif)も口座開設してないな」って人はこっちもどうぞ!

というわけで今日は以上!
それでは!

仮想通貨に疲れた人へ

解決方法すぐCHECK

-ネム(NEM/XEM), 取引所

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.