【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

投稿日:2018年3月8日 更新日:

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。

仮想通貨でセミリタイアは可能か?

上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙

そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。

 

株式・仮想通貨どっちが資産を増やせるのか・・?

セミリタイアを目指すのだから、最終的な利益を1000万単位で得たいはずです!という事は「より成長する方を買う」のが正解!株式と仮想通貨はどっちが成長するのかはこのブログで再三と言ってきたのでお分かりかと思います。

もちろん、仮想通貨の方が伸びしろがあるだろう!

 

ちなみに株式には、大きく日本株アメリカ株があります。日本株は正直・・・。私は元々日本株を遊びで買ったりしていたのですが、やっぱり伸びしろに限界があります。ここ5年くらいはアベノミクス相場のおかげで順調に成長をしてきた日本株ですが、いまだに日経平均とかがバブル期の高値を超えないって・・・・。

 

アベノミクスが始まる前は日経平均は大体1万円、5年で2倍・・!(個別銘柄で見るともっと成長している銘柄も沢山ありますが、面倒なので日経平均で見ます)

でも良ーく見ると、全然成長していません。ダウの方は順調に成長しています。

 

綺麗に順調に成長していますね!(まあダウは成長銘柄で構成されるのであたりまですが)

 

つまり、同じ株式で見たときにはアメリカ株の方が未来がある!と言えます。ついでに日本経済はこれから後退し始めるので日本株はもろにその影響を受けるはず。

 

仮想通貨の中では成長が鈍化し始めているビットコインチャートです!

成長が鈍くなっているとはいえ、これからも伸びていきそう・・?12月に勢い余って急上昇していますが、それを無視すれば綺麗に成長しています。ビットコインが誕生して間もなく10年ですが、もともとは0.1円とかです。成長しましたね。

 

ちなみに仮想通貨の中には、ビットコインのような大化け銘柄がごろごろしています。ダブルバガー(2倍株)・テンバガー(10倍株)なんて言ったりしますが、仮想通貨ではダブルバガーなんて1日で達成したり、テンバガーなら1カ月で達成するような銘柄があります。

つまり、急成長に期待するなら明らかに仮想通貨の方が有利です。ここまでは単純に成長しそうな方を考えてみましたが、他の要素もあるぞ!

 

税金や配当を考えた場合はどちらが有利か?

これはもちろん株式の方が有利です!!!!!

 

①株式(仮想通貨)売買で得た利益にかかる税金

仮想通貨は雑所得」に分類されるなんて話は聞いたことがあるかと思います。

(国税庁HP: https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm)

ポイント

「仮想通貨の場合」沢山利益が出れば沢山税金がかかります。ちなみに、この数字 + 住民税が一律10%かかるので実質の最高税率は55%です。

「株式の場合」は利益の金額にかかわらず20.315%が掛かります!!

ざっくりですが、330万円以上の利益が出たら明らかに株式の方が有利になります。1000万円単位で利益が出たら仮想通貨は圧倒的に損です"(-""-)"

 

②配当金です

仮想通貨にはこれといった配当金がありません。(もちろんあるといえばありますが株式に比べると見劣りします。探せばあるんでがそこまでメジャーじゃないので許してね!)

株式ならば、定期的に配当金が貰えます。更にアメリカ株ならば配当貴族と言われるように経済状況に影響されずに数十年間ずっと配当金の金額を増やしている優良銘柄もあります。

 

というわけで「瞬発力は仮想通貨の方があります」が「株式の方が将来的にキャッシュ(インカムゲイン)が得られるので長期で見れば株式の方が有利」。ただし、将来なんてわからないのは株式も仮想通貨もおんなじ!

こうした事を考慮すると、セミリタイアを目指す時に「仮想通貨」と「株式」のどちらを選択するかは、その人の状況によって変わってきそうです!

スポンサーリンク

セミリタイアを目指した時の自分の経済状況を考える

「仮想通貨は瞬発力がある」「株式の方が配当等で定期的にキャッシュが得られる&税金も有利」

 

ポイント

もう頭のいい皆さんならお気づきかと思います。金がない人は仮想通貨でセミリタイアを目指して、元手が結構あるぞって人は株式を買う方がいい!

 

ちなみに、私がセミリタイアを目指した時は貯蓄額が10万円未満という絶望のスタートでした。今ではセミリタイアを目指した時の10倍以上の資産があります。かりそめの資産(含み益等)が・・・(-_-メ)

→含み益は利益ではありません!相場の世界では常識ですね!

 

話は戻りますが、元手が数百万円以下なら仮想通貨を選択した方が効率的だと思います。仮想通貨でまとまった利益を得てから、株式相場に移って配当がいい銘柄を買うとか色々選択ができます!

 

そもそも、こういった金融経済(株式とかの世界)は、金持ちが儲かる!金持ちが大正義の世界です!その第一歩として、少ない元手を使い仮想通貨でまとまった利益を得るというのは合理的な判断かと思います。

 

しかし、一方で1000万円くらいの元手があるなら、地道に株式を購入したほうが恩恵が大きいかと思います。仮に1000万円を仮想通貨に投資して倍にしたとしても大雑把ですが430万円税金(33%所得税+10%住民税)で持ってかれます。手元に残るのは570万円。ほぼほぼ半分やん!

配当金や株価上昇を考えれば、長期的に株式の方が安定的です。もちろん挑戦的に仮想通貨への投資をするならそれはそれでいいかもしれませんが。

セミリタイアを目指すという趣旨で考えるならば、1000万円位あるなら株式の方がまあいいだろうという結論です。

 

付け加えて、ご自身の年齢も考慮してください!】

注意ポイント

20~30代ならばリスクを取ってもまだ平気ですが、40~50代でセミリタイアを目指しているならば配当などの定期収入を確保した方が無難です!年を取って働くのが困難になった場合を考慮しています。若いほうが再起しやすいので多少リスクをとってもまだ平気です。

 

つまり、仮想通貨でセミリタイアを目指すのに向いているのは「20~30代で金がない人!」あとはその人の好みで株式か仮想通貨を選びましょう!

スポンサーリンク

セミリタイアは完全リタイアではない

さて、ここまで色々と話をしてきました。「いやいやセミリタイアって、1億あっても足りないよ!」と反論する人がいます。

完全リタイアなら、その反論は正しいです。完全リタイアは全く収入を得ずに好き放題生きるわけですから。←偏見

 

はてな

しかし、このブログでは「セミリタイア」を目指しています。「セミリタイア」は「とにかく会社で働くのに向いていない!」「もう疲れた!」そんな人が自分の安らぎを求めるための策なんです!

 

ちなみに1000万円位でセミリタイアをしている人なんてネットで検索すれば沢山出てきます。つまりセミリタイアを「完全リタイア」と勘違いせずに、サラリーマンからの卒業を果たし、細々と(人によっては豪快に)生きる事を目標にすれば、数千万円あれば可能です。

 

「将来は不安じゃないの?」って聞く人もいます。
この苦しみが何十年と続くほうが不安です。

「生活が安定しないのでは?」って聞く人もいます。
別に安定するために生きているのではありません。

多少アルバイトしたって構いません。←人によりますが

 

あと「セミリタイアを目指す時に一番気を付けたい事はプライド」です。プライドや見栄。他人からどう思われるのかが心配。安心してください!誰も他人の人生に興味なんてありません。自分の生きたい人生を行(生)きましょう!

【結論】仮想通貨でセミリタイアは出来る。特に20~30代のお金がない人は仮想通貨でセミリタイアを目指す方が有利かも。40~50代で金がある人は株式の方が無難。でも人それぞれ向き不向き、好き嫌いがあるので、自分が向いているものを選んでセミリタイアを目指そう!

今日はセミリタイアを目指すときに仮想通貨が良いか、株式が良いか。を考えてみました!ご参考になれば幸いです!

今日は以上!
それでは!

仮想通貨に疲れた人へ

解決方法すぐCHECK

-セミリタイア, 仮想通貨投資

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.