【(ILP)インターレジャープロトコル】リップルの「価値のインターネット」とは?

投稿日:2018年8月6日 更新日:

リップル(Ripple/XRP)を調べると登場する「ILP (インターレジャープロトコル)」って言葉。

「価値のインターネット」がどうとかって言われていますが、正直、意味を分かっていません・・・・。

今回は「ILP(インターレジャープロトコル)」と「価値のインターネット」について、初心者でも分かるように簡単に解説!さっそく参りましょう~!

リップル「ILP(インターレジャープロトコル)」とは?

 

ILP (インターレジャープロトコル)」は、世界中のお金や それに付随するもの(預金・仮想通貨・クレジットカードなど)を簡単に交換(移転)できる仕組みの事を言います。

 

北国宗太郎
微妙にピンとこない・・・
そうかもね。ここから具体的な話をしていくよ
牛さん

 

ILPはインターネットの発展形?

みなさんが普段使っているネットは「インターネットプロトコル (internet protocol)」という仕組み(通信規格=ルール)を使っています。

リップル(Ripple/XRP)のILP(インターレジャープロトコル)にどう関係があるのかと言うと、ILP(インターレジャープロトコル)は、この発展形ととらえることが出来ます。

 

インターネットは情報を簡単にやり取りできる世界

ILP(インターレジャープロトコル)が目指すのは、お金などを簡単にやり取りできる世界です!

レジャー(Ledger)は「元帳(もとちょう)」という意味です。仮想通貨では”台帳”と言ったりすることが多いかと思います。インターレジャー(InterLedger)で世界中の元帳(台帳)を意味しています。

 

ポイント

ILP(インターレジャープロトコル)は、言葉の通り「お金の情報が記載されているデータベースを繋いでいこう」という発想です!

 

お金を簡単にやり取りできる世界とは?

お金が簡単にやり取りできる世界って言われても・・。

今って結構便利じゃないですか・・・?と思う人もいるかと思います。

クレジットカード・スイカ(Suica)やパスモ(PASMO)、ナナコ(nanaco)他にも数えればたくさんあります。

しかし、今の世界では決定的に問題となっている事があります・・。

 

その問題とは、それぞれのシステムが独立している事です。

 

例えば、皆さんがナナコやスイカにチャージします。すると、レジか券売機で現金を入れて・・・よ~く考えるとこれって面倒くさいくないですか?

他には、皆さんが仮想通貨を買う時に取引所に現金を振り込んで・・・やっぱり面倒くさくないですか?

 

北国宗太郎
たしかに言われてみると面倒だね・・
どうしてそんな面倒なことをしていると思う?
牛さん

 

 

それは「お互いに繋がっていないから」です。

スイカやナナコが使えるコンビニ等では便利。

現金・預金は銀行間の送金の時は便利。

仮想通貨は国際送金に便利。

 

たしかに、今の社会って個別で見ると結構便利なんです。でも他のシステム(決済)に移ろうと思うと超アナログ

ポイント

ILP(インターレジャープロトコル)は、その溝(みぞ)を埋めるシステムというわけです。

 

お互いが繋がれば、現金でレジや券売機でチャージする必要も、銀行振り込みで相手の口座情報を入れて・・・。とか面倒なことが簡単になります。

どれ位簡単になるのかをイメージで言うと「スマホで金額と送金先を入れてOKボタンを押すだけ!」ライン(LINE)やツイッター(Twitter)でメッセージを送信するのと同じ要領です。

 

北国宗太郎
たしかに、スマホで簡単にチャージとか出来れば楽ちんだね
一応だけどイメージだから注意してね
牛さん

 

昔は、情報を探すときは本や雑誌を調べつくしていたのが、今では検索すればOKな時代に。

お金の世界でもその流れがやってくるのです。現金でチャージとか、振込とかが古くなりますその実現を目指しているのが「ILP(インターレジャープロトコル)」なのです。

より正確に言えば、異なる台帳(元帳)をつなぐ銀行預金や仮想通貨、電子マネーが持つ台帳(元帳)をつなぐのが「ILP(インターレジャープロトコル)」というわけです!

スポンサーリンク

【余談】「アトミックスワップ」や「アグリゲートトランザクション」とは違うの?

「アトミックスワップ」とか分からない人は読み飛ばしてOKです!

 

余談ですが、仮想通貨の世界では「アトミックスワップ」というものがあります。

これも、簡単に仮想通貨を他の仮想通貨へ交換できる仕組みです。

現在の仮想通貨の世界では、リップル(Ripple/XRP)をネム(NEM/XEM)に両替しようとする時

【リップル(Ripple/XRP)→ビットコイン(BTC)→ネム(NEM/XEM)】

と言う風に、ビットコイン(BTC)を経由しないと両替ができない場合が多いです。

アトミックスワップでは、ビットコイン(BTC)を経由せずに直接両替ができます。

【リップル(Ripple/XRP)→ ネム(NEM/XEM)】と言う風に出来るのです。

 

北国宗太郎
確かに、そういった技術もあったね

 

ちなみにネム(NEM/XEM)にはアグリゲートトランザクションという機能がありますが、この機能は、複数の取引を同時に処理できるという仕組みです。

アグリゲートトランザクションについてはこちら!

【アグリゲートトランザクション】ネム(NEM)の未来が広がる理由

今回は「アグリゲートトランザクション」に焦点を当てたお話です! ネム(NEM/XEM) のお話をするとカタパルト(Cat ...

続きを見る

 

まとまめると!

アグリゲートトランザクション」は仮想通貨決済の取引を同時にたくさん処理する

アトミックスワップ」は仮想通貨の直接交換が可能になる

ILP(インターレジャープロトコル)」はすべてのお金に関するシステムを繋ぐ

こんな感じで、それぞれの仕組みや機能は若干違うので注意してください!

 

リップル(XRP)が「価値のインターネット」と言われる理由

ここまで話せばリップル(Ripple/XRP)が「価値のインターネット (Internet of things)」と言われている理由が分かります。

 

北国宗太郎
価値って言われてもピンとこないや・・
「価値」を「お金」と捉えてみよう
牛さん

 

今の社会では価値を図るのにお金を使います。なので「価値」を「お金」と考えたほうが分かりやすかと思います。

 

「お金のインターネット」

お金をネット上で簡単にやり取りできる世界。そんな目標を抱えているのが「ILP(インターレジャープロトコル)」でした。

その「ILP(インターレジャープロトコル)」の仕組みを実現しようとしているのがリップル(Ripple/XRP)です。

 

ポイント

つまり、リップル(Ripple/XRP)は「あらゆるお金のやり取りをネット上で繋ごうとしている」ので「価値(お金)のインターネット」と言われているのです。

 

国際送金は「価値のインターネット」の一環

 

 

リップル(Ripple/XRP)は「リップルネット(RippleNet)」というサービスを提供しています

リップルネット(RippleNet)についてはこちらを読んでね!

【リップルネット(RippleNet)とは?】リップルが提供する「xCurrent・xVia・xRapid」の違いを分かりやすく紹介!

リップル(XRP)は国際送金で使われて将来性が凄い・・!って言われていますが、リップル(XRP)は国際送金の何に使われる ...

続きを見る

 

「リップルネット(RippleNet)」の中で瞬間的に国際送金を処理する(即時決済)サービスがあるのは有名です(xCurrent)。

この国際送金の即時決済サービスの「xCurrent(エックスカレント)」には「ILP(インターレジャープロトコル)」が利用されています

 

北国宗太郎
リップルが国際送金で有名だけど、その中では「ILP」が使われているんだね!

 

現在、世界中の銀行が「xCurrent(エックスカレント)=ILP(インターレジャープロトコル)」を採用し始めています。ILP(インターレジャープロトコル)は、価値のインターネットの第一歩として世界中の銀行をつなぎ始めているのです。

スポンサーリンク

【余談】リップル(XRP)が国際送金で価格が上がると言われる理由

ここで押さえておきたい事は「ILP(インターレジャープロトコル)」で「価値のインターネット」が広がるとリップル(XRP)の需要が高まるのでは?という話の背景です。

そのためには「リップルネット(RippleNet)」について知っていたほうがいいですが、さらっと説明です。

リップル(Ripple/XRP)は、国際送金を低コストで簡単にできるようにするためのサービスも提供しています。それがリップルネット(RippleNet)です。

リップルネット(RippleNet)は国際送金のサービス(xCurrent)を含めて大きく3つあります!

  • xCurrent
  • xVia
  • xRapid ←仮想通貨リップル(XRP)が使われる

 

ポイント

① ILP(インターレジャープロトコル)が「xCurrent(エックスカレント)」に利用されている

その流れでリップルネット(RippleNet)のサービスの一つである「xRapid(エックスラピッド)」が使われる?

普段私たちが買うリップル(XRP)の需要が高まる→価格が上がる・・?

 

リップル(XRP)が国際送金で需要があって価格が上がると言われる背景に「ILP(インターレジャープロトコル)」という仕組みがあったからこそなんです!

 

どうでしたか?リップル(Ripple/XRP)の「ILP(インターレジャープロトコル)」!

将来性が楽しみではありませんか?

リップルネット(RippleNet)にも興味がわいた人はこちらの記事もどうぞ!

【リップルネット(RippleNet)とは?】リップルが提供する「xCurrent・xVia・xRapid」の違いを分かりやすく紹介!

リップル(XRP)は国際送金で使われて将来性が凄い・・!って言われていますが、リップル(XRP)は国際送金の何に使われる ...

続きを見る

 

【おまけ】

北国宗太郎
「ILP」実用化されるのが楽しみだね
ザ・ハンド、空間を削り取る!
牛さん
北国宗太郎
牛さん、台帳を繋がないで削り取ったらだめだよ

 

というわけで今日は以上!
それでは!

【リップルネット(RippleNet)とは?】リップルが提供する「xCurrent・xVia・xRapid」の違いを分かりやすく紹介!

リップル(XRP)は国際送金で使われて将来性が凄い・・!って言われていますが、リップル(XRP)は国際送金の何に使われる ...

続きを見る

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。(あれ?ダブった・・? ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブ ...

続きを読む

-ILP(インターレジャープロトコル)

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.