【ロックアップとは?】リップル(XRP)価格にどう影響するのか

投稿日:

リップル(XRP)がロックアップ!などと聞くことが多いかと思います。しかし「ロックアップ」ってなんだか良くわかっていない・・。

今回は、リップル(XRP)の価格にも影響を与える「ロックアップ」と価格への影響を簡単に解説!

「ロックアップ」とリップル(XRP)の関係

「ロックアップ」とは、発行した仮想通貨の一定数を使えなくする事を意味します (資産の凍結)。

このロックアップを、リップル(Ripple/XRP)が行う事を2017年に発表していたら話題になっています。

 

北国宗太郎
どうして話題になっているのかな?
簡単に説明するね
牛さん

 

リップル(Ripple/XRP)は何故ロックアップしたのか?

リップル(XRP)の発行枚数は1000億枚と他の仮想通貨に比べてもかなり多い発行枚数です。

実はそのほとんどのリップル(Ripple/XRP)を、米リップル社(Ripple,Inc)が保有していました。

 

米リップル社(Ripple,Inc)がたくさん売りだしたら価格が下落する。というか、価格操作が簡単に出来るじゃないか!という懸念がリップル(Ripple/XRP)ホルダーにはありました。

 

そこで「リップル(XRP)を一気に売却したりしないですよ」というメッセージを放つ必要があった米リップル社(Ripple,Inc)は、ロックアップを発表します。

 

何故リップル(Ripple/XRP)ホルダーは大量売却を心配しているのかと言うと、過去に大量売却による大暴落があったからです。2014年に創業者の1人がリップル(XRP)を売ったら暴落1人が売って暴落するくらいなので、会社が持っている約500億枚以上のリップル(XRP)が売られだしたら・・・。という経緯があります。

 

大幅下落のリスクも軽減してリップル(Ripple/XRP)の話題では欠かせない要因となったのです。

 

どれくらいの量をロックアップしたのか?

 

米リップル社(Ripple,Inc)が保有するリップル(XRP)のうちなんと550億枚をロックアップしました。

 

北国宗太郎
リップルってほとんど本社が保有していたんだね
発行枚数が多いわりに市場に出回ってないから、心配の種になっていたんだ
牛さん

 

このロックアップされているリップル(XRP)は、2018年1月から55カ月かけて、市場に出回る事が決まっています。

毎月のロックアップの解除枚数は最大で10億枚です。10億枚のリップル(XRP)をロックアップ解除しても余った分は再度ロックアップされます。

 

更に、ロックアップ解除した分のリップル(XRP)は、ただ市場に売却するのではなく「リップル(Ripple/XRP)に興味がありますよ~」という機関投資家や企業等へ配ることになっています。

 

北国宗太郎
市場で売却されるリップルは更に減るね!

 

ロックアップが解除されても、リップル(Ripple/XRP)に興味がある人に配るので、すぐに売却されたりしなくなり、価格が安定して下落懸念も和らぎます。

現在のリップル(Ripple/XRP)ホルダーにもメリットがあって、リップルに興味がある新しいホルダー開拓にも繋がって一石二鳥というわけです!

 

ロックアップされたリップルは誰が管理しているの?

ロックアップされればメリットがある事は分かりましたが、一体だれが管理しているの?

 

ロックアップが発表されて、リップル(Ripple/XRP)ホルダーは好意的な反応をしたんですが「本当にちゃんとロックアップされるの?」という不安が駆け巡りました

 

そこで、米リップル社(XRP)社は「一度ロックアップすれば自分たちでも解除することが出来ない機能」を使う事にしました。それが「エクスクロー」という機能です。

 

メモ

「エクスクロー」はアメリカ発祥の制度です。誰かの財産を委託業者が預かって、最初に設定されたルール通り管理し続けます

日本版のエクスクローといえば「メルカリ」などでしょうか。メリカリで物を買うとお金を払いますが、ちゃんと商品が郵送されないと取引不成立になりお金が戻ってきます。

いわば「メルカリ」は一時的に顧客の財産を預かって「ちゃんと商品が発送された時に出品者に代金を支払う」というルールの下で管理していると言えます。

 

リップル(Ripple/XRP)には「エクスクロー」が自動的に機能するプログラムが備わっており、プログラム上で自動管理されます。

こうして「エクスクロー」を使う事で、第三者から見てもリップル(Ripple/XRP)の動向を終えるので一安心となったんです。

スポンサーリンク

ロックアップとリップル(XRP)価格への影響

(チャートはみんなの仮想通貨から)

まずロックアップが発表された2017年5月16日ですが、なんと一日で凄い上げ幅です。約10円以上の上げ!

30円前半から45円まで上がったことを見ると、いかにロックアップがリップル(XRP)の懸念事項だったのかをうかがわせます。

 

そして、ロックアップが実施された2017年12月8日

ロックアップが実施された12月8日は、25円前後だったリップル(XRP)が一時30円くらいまで上昇。

そして数日後にバブルへ突入します。

 

北国宗太郎
ロックアップおそるべし・・。

 

ロックアップは仮想通貨の価格にも影響を与えるという事は頭に入れておいて損はないかと思います!

というわけで今日は以上!
それでは!

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-ロックアップ

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2018 All Rights Reserved.