【NEM 月刊ニュースまとめ12月・1月編】ネム財団の話を中心に!

投稿日:2019年2月12日 更新日:

ネム(NEM)月刊ニュースです!2018年12月~2019年1月までのネム(NEM/XEM)のニュースをまとめて紹介します!

前回の月刊ネム(NEM/XEM)ニュースはこちら!

【NEM 月刊ニュースまとめ10・11月編】2か月分のニュースを総まとめ!

ネム(NEM)月刊ニュースです!今月は10月11月のネム(NEM/XEM)のニュースをまとめて紹介しますよ~ 先月の月刊 ...

続きを見る

【2018年12月~2019年1月】ネム(NEM/XEM)ニュース

 

ネム(NEM/XEM)の価格は4円ほど

2018年はネム(NEM/XEM)にとっては不運の年になりましたが、いいニュースは沢山ありました!

師走12月~2019年1月のニュースをまとめて見ていきましょう!

 

※注意:この記事内ではネム(NEM)と その通貨単位ゼム(XEM)を区別せずにまとめてネム(NEM/XEM)と表記している場面が多々あります!ネム(NEM)というパブリックチェーン(プロジェクト)に存在する通貨単位は、厳密にはゼム(XEM)です。なので価格などの話をする場合は1ゼム(XEM)と数えるのが正しいです。

 

ネム財団の新代表が決まる&組織再編

2019年1月より、ネム財団の代表が新しい人物になりました。

アレクサンドラ・ティンスマンさんです。

 

(下記https://nemjapan.jp/thank-you-nem-community/より引用)

私は、この新しいチームとグローバルチーム、それから熱心なNEMコミュニティの方々と、財団の代表として働くことを光栄に思います。この選挙期間中、他にも多くのNEMのリーダーたちが、一歩を踏み出して、リスクを伴う行動をとりました。

多くの努力をなしつつも、十分な票を得られなかった方に対して、私は心から尊敬の念を抱くとともに、称賛をお送りしたいと思います。財団には、未来へと道を切り開くあなたのような方が必要なのです。

NEMの選挙は、オンチェーンで実施され、投票のためにメンバーシップの登録が必要とされるという意味で、歴史的なものでもありました。

また私が、上位20のブロックチェーン・プロジェクトのうち最初の女性の代表となり、上位10でも女性の代表はほとんどいないという意味でも歴史的であることを意味します。

私には、たくさんの感謝しなければならない方々がいます。その方々とは、私のメンター、皆で声を上げることのパワーを教えてくれたコミュニティ、不可能を可能にすることを示してくれたチームのメンバー、私たちのNEMのエコシステムが繁栄することを人目につかない場から支えているスーパーノードの所有者達、私を支え愛してくれる家族、いかにNEMブロックチェーン技術が利用されるかその重要性を信じている支援者です。

そして最後に、アイデアをプログラムという形にし、プログラムを動くものへと変える開発者に対して、とりわけ大きな謝意を表したいと思います。

 

そして、1月31日に組織再編の発表を行い、一波乱・・。

今までのネム財団の活動として、ネム(NEM/XEM)のプロモーションが重視されていました。

そうした状況が続いたため、ネム(NEM/XEM)のカタパルト実装のための開発が遅れてくたという現実があります

 

これまでのネム財団は、月に900万XEMに相当するバーンレート(資本投下率?)があったそうです。

単純に900万XEMを投資していたという感じでしょうか?

しかし、よくよく投資の内容を見ると、900万XEM投資する必要のあるものかを吟味する必要などが出てきて、今後は半分の450万XEM程度で納める旨の発表がありました。

また、各地域代表体制をなくしプロダクトに特化した組織に変更するという。

⇒プロモーション中心から、ネム(NEM/XEM)の開発に力を入れる組織体制へ踏み切ったという流れになっています。

 

この900XEMの投資を半分に抑える、という財団の意向を「ネム財団破産危機」という見出しで報道されたようです。

ネム財団自体は、組織改革の1つとして投資効率の悪いものに投資するくらいなら、カタパルト実装への開発へ注力するという意向だと思います。

 

また、ネム財団がなくなってもネム(NEM/XEM)自体が無くなったりする話ではないので、どうしたものかと・・。

組織改革で、カタパルト実装へ注力してもらえるならそれに越したことはありません。

是非、新体制の下で頑張って欲しいですね( `ー´)ノ

 

歩くと仮想通貨が貰えるアプリが開発

 

歩いて仮想通貨を獲得できるアプリ「FiFiC」がリリースされています。

このアプリで獲得できる仮想通貨は、ネム(NEM/XEM)のブロックチェーンを利用して発行されたもので、ネムのモザイクを利用しています。

歩くと仮想通貨を獲得して、加盟店でサービスなどを受けられるそうです。

 

面白そうですね!

ポケモンGO!ではありませんが、現実世界とアプリケーションが連動して楽しめる系のものってトレンドになっていますから、今後もこんなサービスはたくさん出てきそうです。

そういったサービスのインフラとしての機能こそネム(NEM/XEM)の本領が発揮される分野だと思うので、今後も、こんなニュースがたくさん出てくると嬉しいですね!

 

というわけで今月の月刊ネム(NEM/XEM)ニュースは以上~!

2018年12月~2019年1月は、ネム財団の新代表に、組織改革の話題で一杯でしたね・・。

ネム(NEM/XEM)の開発が着実に進んでいくことを祈っています!(;´∀`)

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-ネム月刊ニュース

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2019 All Rights Reserved.