2019年 リップル(XRP)「価格推移がイーサリアムに似る?」

投稿日:2017年12月12日 更新日:

リップル(XRP)がビットコイン(BTC)と連動しなくなったという話が話題になります。

実は、イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)と比較的連動していないです。

そう考えると、リップル(XRP)はイーサリアム(ETH)に価格推移と似るのではないでしょうか?

2016年のイーサリアム(ETH)に似ている2017年のリップル(XRP)

まずは、イーサリアムの2016年の価格推移についてお話をします。

2016年イーサリアム(ETH)は、史上最高値1,600円に到達しました!

 

しかし、2016年6月に1,600円到達してから、約半年2017年の2月下旬までこの最高値を超えることはありませんでした。

ずっと1,000円前後で推移しており、なかなか上がらない!と思っていた人もいたようです。

 

ポイント

特に、2016年秋に「THE DAO事件」があり、印象が悪化したのが影響したのかもしれません。

「THE DAO事件」は、簡単に言うとハッキング被害です。直接イーサリアムがハッキングされた訳ではないのですが、その影響は大きいものでした。

しかし、イーサリアム(ETH)は、2019年1月の現在は約1万円!つまり、そのポテンシャルが確かなものはいづれは上がるという感じです。

 

2017年のリップル(XRP)は 2016年のイーサリアム(ETH)

2017年のリップル(XRP)は、2017年5月の最高値約50円を超えるのに一苦労でした。

 

そして、途中でがっかりイベントがあったことを覚えていますか?

謎のカウントダウン予告です・・・。

 

ポイント

8月にカンファレンスの開催の告知の際に、何故かカウントダウンを行い、投資家の期待を誘いました。

しかし、そのカウントダウンを見た投資家たちは「リップルが重大な発表をするぞ!(大手企業と提携とか何かの技術の実用化とか!)」を期待していたのですが、全く当てが外れて失望売りが発生しました。

 

実はこの後に、仮想通貨市場では9月に中国の規制問題、秋頃からはビットコインの分裂問題・・。

何が言いたいのかと言えば、この失望売りの後に、リップルへの注目が削がれてしまったというわけです。

ハッキングとは規模や影響が違いますが「一度、投資家が離れていった」という点が、「2016年イーサリアム(ETH)」と「2017年リップル(XRP)」の共通点かと思います。

 

不発に終わったアメックス

11月、「リップル」 と「 アメックス(クレジットカード大手)」が提携するニュースが流れました。瞬間的に、30円を突破!

しかし50円を超えることはありませんでした。

なんで、価格が上がらんのだ~!」と言っている人がいますが、20%以上高騰して、底値を固めました。

そう考えれば、不発どころかインパクトあり。単純に最高値を超えなかっただけです!

 

価格の急騰は「サプライズ」によって生まれる

仕手(作為的に巨額の資金で買いを行い価格の上昇を狙う)を除けば、価格は「サプライズ」により急騰します。

しかし、リップルの場合「国際送金をより低コストで行うブリッジ通貨」という名目があります。

アメックス(クレジットカード)との提携は、その目的に即しており、最高値を超える「完全なサプライズ」ではなかったと言えます。

しかし、これが夏のカウントダウン後に、このニュースが流れていたら話は違ったでしょう‥。

さて、そんなこんなで、最高値更新を先延ばしにして12月を迎えたリップル(Ripple)ですが、その後は、2017年の春頃のイーサリアム(ETH)と同じ値動きになります。

スポンサーリンク

その後は2017年のイーサリアム(ETH)と同じ展開になった

(XRP CHATRTSから)

リップル(XRP)もイーサリアム(ETH)も、ポテンシャルが非常に高い通貨です。

イーサリアムは、半年間の停滞を終えて2017年に高騰を見せました。

2017年12月にはリップル(XRP)は下のようなチャートを描いていました。

「くちばし」みたいに上下幅が縮まって・・。

上に突き抜けました!!

そして、リップル(XRP)は時価総額がトップ3に入っています。

スポンサーリンク

チャート的にはまだ脱ビットコインは出来ていない

こんな感じで、イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)は、同じような展開を見せてきました。

価格が一気に上がったものの暫く停滞・そして吹き上げる。

 

私がイーサリアム(ETH)とリップル(XRP)の価格推移が似ていると書いたのはまさにそのポイントです。

 

注意ポイント

しかし、イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)の価格推移の仕方が似ていても、大局的に見れば、ビットコイン(BTC)の価格推移に引きずられている現状に変わりはありません。

 

よく、ちまたでは「リップル(XRP)はビットコイン(BTC)と連動しなくなった」と言われていますが、全くそんなことはありません!

 

実際にチャートを並べれば分かります。

 

2019年1月:ビットコイン(BTC)チャート

 

2019年1月:イーサリアム(ETH)チャート

 

2019年1月リップル(XRP)チャート

 

2018年に関して言えば、程度の差はあれ、ほとんど同じ展開でチャートが描かれています。

 

唯一違うところ

ただし、詳しく見ると、2018年5月~9月くらいまでは、

ビットコイン(BTC)が 下落2回・上昇2回で山を2つ描いたチャートになっているのに対して、

イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)は一貫して下がり続けています

 

このようなポイントを見ると、イーサリアム(ETH)もリップル(XRP)も微妙にビットコイン(BTC)と連動しなくなってきているとみるのが正しいのかもしれませんね!

リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の今後に期待です。

というわけで今日は以上!
それでは!

2018/6/25

【親戚が死にました】そこから仮想通貨セミリタイアの本質を考えた話

先日、親戚が死にました。子どもを残して。 仮想通貨に熱中していてると普段の生活を忘れてしまいがちですが、皆さんは大丈夫ですか? 仮想通貨でセミリタイアを目指すことの本質 亡くなった親戚の年齢は40代で子どもがいました。子どもを残して逝去したんですが、早すぎるというのが率直な意見です。人生100年時代と言われている中で40代って、普通に考えたら人生の後半戦が始まるところです。 そんな出来事があってから「自分の人生も折り返しているかもしれない」と考えるようになりました。このブログの読者層は25~40代が圧倒的 ...

続きを読む

2018/6/9

何故「年金は無駄・20代は損」は間違いなのか、年金が最高峰の投資商品である理由とは?

セミリタイアを目指す人にとっての大敵、税金&社会保険料。それ以外でも若い人は「年金なんて払っても無駄じゃん!貰えないんでしょ?」と思っている人は、その考えを改めましょう。年金は、払ったら得するとか損するとか、そういう次元をはるかに超えた有望な投資対象です。その理由をお話しましょう。 年金が無駄どころか最高の投資対象である理由 皆さんは「年金」についてどのくらいご存知でしょうか?「保険料払うと将来お金がもらえる?長生きすれば得?保険料高いから今の若い人は長生きしても損」といったとイメージでしょう。 残念なが ...

続きを読む

2018/5/28

【2020年以降 株価】仮想通貨と日本株の将来性

日本の将来性を不安視している人が多い昨今ですが、果たして、2020年以降では仮想通貨と日本株の価格どちらが上がっている?下がっている?を考えてみたいと思います~。 2020年以降 仮想通貨 VS 日本株 さて、日本株と仮想通貨と価格がどうなっているのか!を考えてみたいと思いますが、このブログの結論は読者の皆さんならお分かりいただけているかと思います。ブログのタイトルで仮想通貨とか書いちゃってるしね・・。 はい、仮想通貨は値上がり(又は横ばい)、日本株は下落、という将来を予測しています。   20 ...

続きを読む

2018/3/8

【仮想通貨と株式】セミリタイアを目指す時どちらを選べ良いか

たまには、セミリタイアについてのネタを書いてみようかと思います。このブログは「仮想通貨でセミリタイアを目指す」という趣旨で始めたのですが・・・。そもそも「仮想通貨でセミリタイアが可能なのか問題」。株式の方が良くない?とか聞こえてきそうです・・・。 仮想通貨でセミリタイアは可能か? 上のイラスト、まさしく平日の私そのものです(涙 そんなこんなでセミリタイアを目指してからもうちょっとで1年。原点回帰!そもそも私がやっていることは無謀なのか・・?徹底検証です!今さら検討ってこの1年は何やってたんだよ・・・。 & ...

続きを読む

2018/3/2

【2020年以降の日本と仮想通貨】どちらがリスクが高いか

こんにちは!毎日仕事の毎日です。 ふと思い出したのですがこのブログはセミリタイアを目指すことを掲げていたのでした。という事で「仮想通貨」と「セミリタイア」を絡めた話をしてみたいと思います。 「2020年以降の日本」と「仮想通貨」 さて、2020年の日本と言えば東京オリンピック!楽しみですね!とても楽しみです(*^_^*) それはそれでいいのですが、問題はその後です。2020年以降の日本について考えなければいけません。というのも私も仮想通貨でセミリタイア資金をかせぐぞ~!と言ってこのブログを始めたのですが、 ...

続きを読む

-イーサリアム(ETH), リップル(Ripple), 投資戦略

Copyright© 道産子のセミリタイア仮想通貨歴伝 , 2019 All Rights Reserved.